【役に立つブログ】「24歳が考える人生の楽しみ方」

「若者が日本を変える」って信じているゆとり世代代表、採用、旅行、雑記がメインです。

【コーヒー1日の摂取量】1日どれぐらいまでは許容範囲なの?

 

皆さん。こんにちはパンダです。

 

筆者は、20歳を超えた辺りから、

無性にコーヒーが好きで1日に缶コーヒーを4缶以上飲む時もあるぐらいです。

 

子供の頃親が飲むコーヒーを一口貰って

 

「こんなの不味すぎて飲めるかい!」

 

って思ったのが懐かしいです。笑

 

そんなある日コーヒーを飲みすぎると胃に穴が空くといった記事をどこかで見ました。

 

ええええ・・ヤベェこれ大丈夫かな・・・

 

悩んでしまいましたので、同様に悩んでいる方もいらっしゃるかなと思うので

記事にまとめることにしました。

 

 

【結論】コーヒーは飲み過ぎても胃に穴があかない?

  1. 胃に穴があく可能性は限りなく低い。

結論からお伝えすると胃に穴があいてしまうぐらい、

コーヒーを摂取することは可能性として限りなく少ないです。

 

理由をお伝えすると、コーヒーにはカフェインや「クロロゲン酸」という成分が入っておりその成分は、胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促進する働きがあります。

 

 

結果「腹痛」を起こし気づかぬ間に

「胃に穴があいた!」なんてことにはならないです。

 

普通お腹が痛くなったら、コーヒーを飲むのをやめるに決まってますもんね。

 

【コーヒーで腹痛や胃を荒らさない対策は?】どんなことがある?

 

コーヒーで腹痛や胃を荒らさないために、

私たちが取れる対策はどんなことがあるのでしょうか。

 

 

  1. 空腹時特に起床時の摂取に気をつけましょう。

 

朝起きて一発目にコーヒーをとるぜ!といった方は少ないと思いますが、

意外と忙しい毎日を過ごしている方たちの中には、朝食を摂取せずに会社もしくは学校に出勤、通学したのちに空腹なのにコーヒーを飲んでしまっている方は、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

私は朝起きるのが苦手なので、朝食を取らずに出勤しデスクでそのままコーヒーをガブッと飲んでしまうときがあります。そんな時必ずといって良いほど「腹痛」もしくは「下痢」になってしまうんのですよね。。でも飲んじゃう。。不思議。。

 

カフェインやクロロゲン酸には、直接胃の粘膜を刺激することから、空腹時に摂取することで粘膜を刺激しやすくするために腹痛を起こしてしまいます。

  • 対策は、胃に必ず何か軽食ヲ!バナナでOK!

 

【1日の摂取量目安】でももっと飲みたいとは?

 

カフェインの摂取量について分かりやすくまとめてある記事がありましたので、

詳しく知りたい方は下記記事へアクセス!

 

  • カフェインの適切な摂取量

カフェイン中毒、という言葉を聞いたことがあると思います。カフェインにはアルコールやニコチン(たばこ)のような、中毒性があるんですね。そのため、短時間、および一日での多量摂取は非常に危険な行為なんです。一日に摂取しても問題の無い量が400mgだったのに対し、3時間以内に850mgもの大量のカフェインを摂取すると中毒になる可能性が高まります。

*1

 

コーヒーの一般的な参考数値ですが、大体1杯150~200のカフェイン含有量になります。3時間以内に850mgとなると5杯以上飲まないといけないという計算になります。

 

それ以上は、危険なのでどれだけ好きでも控えてくださいね。

 

それでももっと俺は飲みたいんだ!コーヒーがないと仕事に集中できん!といった方は、牛乳を混ぜたりしてカフェインを薄めて摂取するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

コーヒーが好きな方は、多くいらっしゃるかなと思いますが、

カフェインが原因で「中毒」になるといったことを知らない人も多いのでは?

 

私もコーヒーについて調べる中で、新しい発見が多く面白かったです。

 

しかしながら朝1コーヒーは、やめれなさそうなので、

バナナでも買ってそこから摂取するようにします笑

 

パンダ