【役に立つブログ】「25歳が考える人生の楽しみ方」

「若者が日本を変える」って信じているゆとり世代代表、採用、旅行、雑記がメインです。

【空気が読めない上司】出会ってしまったときの3つ対処方法を知って乗り切れ!

本記事は、2018年11月22日に書きました。

 

・配属先の直属上司が空気が読めなさすぎて困っている。

・毎日空気が読めない上司と一緒にいてストレスが溜まっている。 

 今回はこういった方の役に立つ記事になっています。

 

会社に一人は空気が読めない人っていますよね。

とは言いつつも、自分も、もしかして空気が読めないと他の人に思われていないか心配です。笑

 

 

 

まず空気が読めない人間の特徴【空気が読めない上司】

 

そもそもまず空気が読めない人間の特徴を知ることが対処方法を考える上で重要です。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」好きな言葉です。笑

 

空気が読めない」とは、その場の雰囲気や状況などを察する(感じる・掴む)ことができず、鈍感なことをいいます。

 

分かりやすく空気が読めない人の具体例を示します。

 

日常生活で例を挙げてみます。

友人となにげない話をしているとき、口数が急に減って、相槌が少なくなったと感じたら、あなたはどう感じますか??

 

普通なら、何か相手の気に触ることを言ってしまったかな・・。と考えませんか?

 

それに反して、残念なことに、空気が読めない人は、自覚がありません。

まずそもそも相手の表情や態度が変わったことにも気づくことなく、会話を続けます。

その結果、関係に亀裂が走ったり、関係性を絶たれてしまいます。